メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都内の新たな感染者 過去最多の224人

あおり運転容疑で36歳会社員を書類送検 「かっとなり謝罪させようと」 福岡・宗像

[PR]

ドライブレコーダーに映った後方から急接近する容疑者の乗用車=福岡県警提供(県警が画像の一部を加工しています)

 福岡県宗像市で4月、運転する乗用車のクラクションを鳴らしながら前方の車に急接近するなど「あおり運転」をしたとして、県警宗像署は29日、同市の会社員男性(36)を暴行容疑で宗像区検に書類送検した。同署によると、容疑者はその前にクラクションを鳴らされたことに腹を立てたとみられ「かっとなり、謝罪させようと思った」と容疑を認めている。

 送検容疑は4月12日午前10時半ごろ、乗用車を運転中、同市栄町付近の県道と市道で約700メートルにわたり、前方を走る男性(75)の車にクラクションを鳴らしながら急接近し、さらに追い越した後に同じ車線で急減速し、男性の車を停車させたとしている。

 同署によると、容疑者はその後、乗用車から降りて男性の車に近づき窓をたたいたが、男性は窓を開けずに車を発進させて、その日のうちに交番に被害を届け出た。ドライブレコーダーにクラクションを鳴らしながら急接近する容疑者の車が映っていた。容疑者はその直前、男性の前を走行していてウインカーを出さずに左折した時にクラクションを鳴らされたため、引き返して男性の車を追尾していた。

 30日施行の改正道路交通法は「あおり運転罪」を新設し、車間距離の不保持や幅寄せなどの危険な運転は最大で5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。これまで適用されたことがある刑法の暴行罪の罰則は2年以下の懲役または30万円以下の罰金などとなっている。【中里顕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです