特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナで露呈した日本政治の古い「家族」観 森山至貴・早大准教授に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
コロナ禍について語る社会学者の森山至貴さん=東京都千代田区で6月15日、梅村直承撮影
コロナ禍について語る社会学者の森山至貴さん=東京都千代田区で6月15日、梅村直承撮影

 家族、家族、家族……。聞くたび、なぜかモヤモヤした。“アベノマスク”の配布は全世帯2枚。10万円の給付金は世帯主に。家族以外の多人数での会食は自粛し、ステイホーム! 新型コロナウイルス対策はなぜこんなにも、「個人」ではなく「家族」単位だったのか。モヤモヤする理由を突き止めたくて、『LGBTを読みとく』の著者で、性の多様性をめぐるさまざまな問題を研究している森山至貴・早稲田大学文学学術院准教授に会いに行った。【オピニオングループ/小国綾子】

この記事は有料記事です。

残り5506文字(全文5728文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集