日韓の童話、源流に2人の「小波」 韓国の研究家が日本の先駆者の本まとめる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
巌谷小波=金成妍さん提供
巌谷小波=金成妍さん提供

 桃太郎、浦島太郎、花咲かじいさん――。元々は各地の伝承だったこれらの話を「日本昔噺(ばなし)」としてまとめ、誰もが知るおとぎ話として広めた人物がいる。明治時代に活躍した児童文学者で俳人の巌谷小波(いわやさざなみ)(1870~1933年)だ。生誕150周年の節目の年に韓国の近代文学研究家が18年かけて巌谷が残した俳画を集めた本を完成させたが、巌谷と韓国にどんな関係があったのだろうか。

 巌谷は、各地の伝承をまとめて広めた他、アンデルセンなど西欧の童話を翻訳した。子供や大人に語り聞かせる「口演童話」を全国各地で開き、世間に昔話を浸透させた近代児童文学の先駆者とされる。一方で、韓国人の近代文学研究家、金成妍(ソンヨン)さん(41)は「実は日韓双方の児童文学の源流的な存在なんです」と巌谷のことを語る。

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1343文字)

あわせて読みたい

ニュース特集