静岡でサーバルキャットの雄が脱走 市は確保へ捕獲器設置

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
脱走したサーバルキャット=静岡市提供
脱走したサーバルキャット=静岡市提供

 静岡市は29日、葵区東の個人宅で飼育されていたネコ科のサーバルキャット1匹が脱走したと発表した。長い脚と縦長の耳が特徴で、一般的なネコと比べて大きい。飼い主は、人に慣れており、危害を加える可能性は低いと説明しているという。市が住宅の周辺に捕獲器を設置するなどして確保に乗り出した。

 市によると、脱走したサーバルキャットは1歳の雄(体長約7…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

あわせて読みたい

注目の特集