メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

英国教会トップ「記念碑の総点検を」、奴隷制巡り

 英国国教会最高位のウェルビー・カンタベリー大主教は26日、教会にある像や記念碑を点検し、奴隷制と関係のあるものは撤去するか、適切な説明文を付ける必要があるとの認識を示した。1月にケニアで撮影(2020年 ロイター/Thomas Mukoya)

[PR]

 [ロンドン 26日 ロイター] - 英国国教会最高位のウェルビー・カンタベリー大主教は26日、BBCとのインタビューに応じ、教会にある像や記念碑を点検し、奴隷制と関係のあるものは撤去するか、適切な説明文を付ける必要があるとの認識を示した。

 米国で白人警官の暴行により黒人男性ジョージ・フロイドさんが死亡して以降、世界各地で人種差別に抗議する動きが広がっている。

 大主教は人種間の不公平について、許す心が必要だが、その前に適切な措置を講じなければならないと発言。

 「カンタベリー大聖堂だけをみても至る所に記念碑がある。ウェストミンスター寺院もそうだ。すべてを点検する。一部は取り払う必要がある」と述べた。

 カンタベリー大聖堂から像を撤去するという意味かとの質問には「非常に注意深く点検し、背景を踏まえて正しく理解し、すべてをここに置いておくべきか考える必要がある」とし「もちろん、問題は起きるだろう」と述べた。

 英南西部ブリストルでは今月、人種差別に反対するデモの最中に奴隷商人の銅像が引き倒される事件が起きている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです