メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都内の新たな感染者 過去最多の224人

中国、香港安全法成立 「1国2制度」崩壊危機 きょうにも施行 全人代常務委

28日、香港で国家安全維持法に反対するデモ隊の男性を拘束する警官=AP

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は30日、香港の統制を強化する「香港国家安全維持法」(国安法)案を全会一致で可決、成立した。香港メディアが一斉に報じた。全人代常務委が成立した国安法を同日中に香港に適用する決定を下す見通し。一部香港メディアは、早ければ同日中にも施行されると報じている。香港に50年間保障されたはずの「1国2制度」は崩壊の危機に直面。1997年の返還以来、香港は最大の転換点を迎えた。

 国安法は66条で構成され(1)国家の分裂(2)中央政府転覆(3)テロ行為(4)外国勢力との結託――の四つを犯罪行為と規定。中央政府が香港に治安維持機関「国家安全維持公署」を新たに設置し、中央の判断により香港で直接、執行力を行使できる。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1184文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです