メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦順位戦 高崎一生六段-宮本広志五段 第4譜

 先手の玉は、急場しのぎの即席穴熊でかなり不安定。高崎は「無理気味かもしれない」と感じていたが、予想以上にコビン攻めが奏功した。

 [先]6四歩と取り込んだ手が大きな拠点。宮本は[後]6三歩と丁寧にキズを消す。[後]7五香の田楽刺しには飛びつかない。6筋が生命線と見た攻防だ。

 角香交換。一時的に大きな駒損だが、高崎は「壁銀のまま6筋で戦いを起こせたので悪くない」という大局観だった。そ…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです