メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

阿含・桐山杯第27期全日本早碁オープン戦 大関稔アマ-広瀬優一四段 第5譜

 前譜は白134と囲ったところまで見ていただいた。形勢は大差で白がいい。黒141と突入したのは勝負手だが、投げ場を求めたものともいえる。広瀬四段が妥協したので、投げるに投げられなくなり作り碁となった。

 大関さんは「黒97からのシノギで適切な形を発見できなかったのは僕の力不足です」と敗因を語った。橋本…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  5. 「給付金、今すぐくれないなら死ぬ」 逮捕された男はなぜ窓口で騒いだのか 孤独と貧困と誤解と

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです