メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外田中将大が8年ぶり楽天復帰 ヤンキースから
あした元気になあれ

医師、「夜の街」へ行く=小国綾子

新型コロナウイルス感染拡大が深刻化する中、人通りが少なくなった新宿・歌舞伎町=3月30日夜、喜屋武真之介撮影

 「先日『夜の街』に行ってきました」。旧知の医師、岩室紳也さん(64)はそう言った。

 専門は泌尿器科。保健所で長く勤務してきたから、公衆衛生にも詳しい。中高生らに具体的で役に立つ性教育の授業を年100回近く。「コンドームの達人」とも呼ばれている。インターネットでコンドームの正しい着け方を発信した動画の再生回数は約660万回!

 岩室さんは新型コロナウイルス感染予防について助言しようと24日夜、知人の案内で東京・歌舞伎町のホストクラブや新宿2丁目のゲイバーなど3軒を回ったという。「夜の街」が名指しで批判されているのが気になったためだ。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです