メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都内の新たな感染者 過去最多の224人
Interview

長澤まさみ 深く考えながら演じ 映画「MOTHER マザー」で母役

長澤まさみさん=宮武祐希撮影

 社会から孤立した親子による殺人事件を扱った映画「MOTHER マザー」が7月3日、公開される。荒れた生活を送りながらも息子に異常な執着を見せる母を演じた長澤まさみは「悲惨な出来事が描かれているけれど、目を背けずに見てほしい」と話す。

 映画はフィクションだが、2014年に埼玉県川口市で、当時17歳の少年が祖父母を殺害した実際の事件が基になっている。長澤演じる秋子は、息子の周平と暮らすシングルマザー。男たちとゆきずりの関係を持つなど奔放に生きている。ホストの遼(阿部サダヲ)との交際を機にすさんだ生活はエスカレート。遼との間に女児を身ごもると、遼は姿を消してしまう。秋子は出産後、周平を学校に通わせず、親子3人で野宿するなど各地を転々とする。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです