メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手塚塾

案内人・二階堂黎人さん/6 0マン 地球破滅テーマの大作

二階堂黎人さん

 <TEZUKA-JUKU>

 昭和20~30年代(1945年から64年ごろ)は、月刊マンガ誌の時代でした。どの雑誌もたくさんの付録があって、子どもたちに大人気でした。

 59(昭和34)年に、講談社から「週刊少年マガジン」、小学館から「週刊少年サンデー」が創刊されました。これによって、マンガ雑誌も週刊誌の時代が始まったのですが、月刊誌より週刊誌の方が人気になるのは、昭和40年代に入ってからです。

 この二つの週刊誌が創刊された際、手塚治虫先生は両社から連載を依頼されました。しかし、2誌に同時に連載するのは無理です。そこで、タッチの差で早く依頼してきた「週刊少年サンデー」に描くことにしました。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです