メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丸ごと・かめきちパパ

夏を乗り切る4品 食事で、免疫力アップ

和風あんかけ大根ステーキ=兵庫県尼崎市で2020年6月11日、菱田諭士撮影

 夏本番です。新型コロナウイルス感染症への対策は続いていますが、自宅で過ごす時間を少しでも楽しいものにと、「楽うま料理研究家」の亀田保さんが、夏を乗り切る料理4品を紹介します。

 まずは、「ゆでて焼く『和風あんかけ大根ステーキ』」。大根を分厚めに切って、下ゆでしてからフライパンでさっと焼いてステーキにしたものです。ポイントは、水溶きかたくり粉で少しとろみをつけたソースを、大根に絡ませるようにするところと言います。「夏大根は少し硬いことと辛みが強いので、『ゆでて焼く』という、今回のようなステーキなどの焼き大根がぴったりくると思いますよ」と亀田さん。

 続いての「洋食屋さんのポークピカタ」は、時々、亀田さん夫妻が訪れる洋食屋さんからヒントを得て、料理心をくすぐられたそうです。「嫁さんが食べていた『ポークピカタ』がとてもおいしそうだったので、どこまで迫れるか挑戦してみました。マスタードとデミグラスソースの相性が非常に良いので、楽しんでください」

この記事は有料記事です。

残り1820文字(全文2243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです