メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチ、戻ってきたで! じゃりン子チエ、20年ぶり文庫版 自粛生活、しみる人情

 約20年ぶりの復刊にアニメDVD発売――。大阪の下町で力強く生きる少女を描いたはるき悦巳さんの漫画「じゃりン子チエ」が再評価され、じわりと売れている。ある書店員は「チエちゃんはいつも『明日は明日の太陽がピカピカやねん』とたくましく、元気になれる」と絶賛。識者は作中で描かれる「濃密な人のつながり」が今を生きる人たちの心に響くとみる。

 同作は、大阪市生まれのはるきさんが1978~97年に双葉社の漫画誌で連載。累計発行部数が3000万部を超えるヒットとなり、故高畑勲さんが手掛けた映画やテレビアニメも話題を呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 東京都の新規感染者は2日連続の100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです