メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現地コース、好きな日時に走って あかぎ大沼・白樺マラソン代替、バーチャルトライアル開催 /群馬

「あかぎ大沼バーチャルトライアル」のポスターを掲げる前橋市まちづくり公社の酒井修さん=前橋市役所で

 新型コロナウイルスの影響で中止が決まった「あかぎ大沼・白樺(しらかば)マラソン大会」の代替として、前橋市まちづくり公社などはスマートフォンの専用アプリを使った「バーチャルトライアル」を開催すると発表した。参加無料。参加者が8月中の好きな日時に赤城山の大沼周回コース(1周5キロ)を走ると、アプリで集計した記録で順位が付けられる。

 種目は20キロ、10キロ、5キロの三つ。7月1日~8月31日に公社ホームページから参加登録した上で、アスリート向けアプリ「STRAVA(ストラバ)」や、同アプリと接続できる全地球測位システム(GPS)内蔵腕時計を使って所定のコースを走る。同公社が結果を集計し、上位記録者を公表する予定。期間中ならば何度でも挑戦できる。

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 「新しい県政を、の思いにしっかりと応える」 三反園氏破り鹿児島知事選に当選の塩田氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです