秩父でペイペイポイント付与 7月中、市民以外にも 買い物や飲食で最大20% /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャンペーンを前にペイペイに対応する店が増えた=埼玉県秩父市で
キャンペーンを前にペイペイに対応する店が増えた=埼玉県秩父市で

 スマートフォン決済「ペイペイ」を使って秩父市内の対象店で買い物や飲食すると、利用額の最大20%相当のボーナスポイントがたまるキャンペーンが7月に実施される。新型コロナウイルス感染拡大で収益が落ちた中小の小売店や飲食店の消費喚起を狙った市の事業。住民向けにプレミアム付き商品券を発行する自治体は少なくないが、秩父市は税金を原資に市民以外にもポイントを付与することで、地域外の「外貨獲得」を目指す。

 市商工課によると、7月1~31日のキャンペーンに参加するのは飲食、小売りなど計799店。同15日にさらに追加される予定。対象店はポスターやのぼりを店頭に出す。大手チェーンのスーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどは対象にならない。付与するポイントは1回当たり2000円相当、期間を通じて1人当たり計1万円相当を上限とした。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文765文字)

あわせて読みたい

注目の特集