メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨秋の台風15号関連死 新たに3人を認定 計5人 /千葉

 県は29日、2019年9月の台風15号による停電の影響で死亡した60~80代の男女3人を災害関連死として認定したと発表した。県内では既に15号で2人の関連死が認定されており、死者は計5人になった。

 県によると、市原市のホテル経営の男性(66)は自宅が台風上陸の9月9日未明から停電していた。同10日午後5時ごろ、帰宅した妻が2階で倒れているのを見つけて搬送されたが、…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

  3. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです