メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

気持ちに寄り添える人 /東京

 うつ病などでメンタル科に通っている患者さんが、ほかのからだの病気にかかることもある。インフルエンザ、胃腸炎など比較的すぐによくなることもあれば、がんなどで手術が必要な場合もある。「先生、どうしよう」と相談されると、つい「だいじょうぶですよ。早くきちんと治療してもらいましょうね」と励ましてしまう。

 友だちならそうやって背中を押せば「そうだよね、がんばる」と前向きになれるかもしれない。しかし、相手はふだんから不安や不眠などの症状でつらい思いをしているのだ。「がんばりましょう」と言うと「心配な気持ちを先生にもわかってもらえなかった」とさらに落ち込んでしまうことがある。がっくりと肩を落とす人を見ては、はっとして「ごめんなさい。検査とか手術のことを考えると心細くなりますよね」と伝え、改めて「心配ごとを聴かせてくださいね」と耳を傾ける。

 うつ病でないとしても、同じ思いの人はいるだろう。たとえば初期の胃がんや乳がんは、専門医にとっては日常的に目にする病気だ。検査で見つかったときには「手術すればほぼ治りますよ」などとその場で伝えることも多いだろう。しかし、本人にとってはがんになるのも、手術を受けるのも生まれて初めてのこと。「ほぼ治ります」という言葉も気になり「治らない場合もあるのか」と悪い方に考えてしまう。そんなこともあるはずだ。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです