メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

気持ちに寄り添える人 /東京

 うつ病などでメンタル科に通っている患者さんが、ほかのからだの病気にかかることもある。インフルエンザ、胃腸炎など比較的すぐによくなることもあれば、がんなどで手術が必要な場合もある。「先生、どうしよう」と相談されると、つい「だいじょうぶですよ。早くきちんと治療してもらいましょうね」と励ましてしまう。

 友だちならそうやって背中を押せば「そうだよね、がんばる」と前向きになれるかもしれない。しかし、相手はふだんから不安や不眠などの症状でつらい思いをしているのだ。「がんばりましょう」と言うと「心配な気持ちを先生にもわかってもらえなかった」とさらに落ち込んでしまうことがある。がっくりと肩を落とす人を見ては、はっとして「ごめんなさい。検査とか手術のことを考えると心細くなりますよね」と伝え、改めて「心配ごとを聴かせてくださいね」と耳を傾ける。

 うつ病でないとしても、同じ思いの人はいるだろう。たとえば初期の胃がんや乳がんは、専門医にとっては日常的に目にする病気だ。検査で見つかったときには「手術すればほぼ治りますよ」などとその場で伝えることも多いだろう。しかし、本人にとってはがんになるのも、手術を受けるのも生まれて初めてのこと。「ほぼ治ります」という言葉も気になり「治らない場合もあるのか」と悪い方に考えてしまう。そんなこともあるはずだ。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです