メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

離島などへ電力安定供給 災害時、機材や人員の輸送に協力 四電と六管海保が協定 /香川

協定を結んだ四国電力の長井啓介社長(右)と第六管区海上保安本部の勝山潔本部長=高松市の四国電力で、潟見雄大撮影

 大規模災害時に離島などにも安定して電力を供給できるよう、四国電力(高松市)と第六管区海上保安本部(広島市)が29日、災害時の相互協力に関する協定を結んだ。四国電力であった締結式で長井啓介社長は「地域の安心安全に貢献したい」と語った。電力会社と海上保安本部との同様の協定は全国で3例目という。

 対象地域は四電の送電範囲内で、同本部が管轄する香川、愛媛両県の島と沿岸部。36島の約4700世帯が対象となる。災害発生時に情報を共有し、電力機材や人員の輸送、被災地の活動拠点での…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです