メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後75年

八幡浜防空監視哨、残った薬莢に隊員の名 米軍機「7月24日銃掃射」も刻む /愛媛

八幡浜防空監視哨にあった「聴音壕」の建物と隊員ら=1944年ごろ、多田仁さん提供

 米軍機の機銃掃射後に残った薬莢(やっきょう)。「昭和二十年七月二十四日」と刻まれた日付は第二次世界大戦末期、豊後水道上空で米軍機と交戦した旧海軍戦闘機「紫電改」が愛南町沖に墜落した日でもあった。24時間態勢の空襲監視を続けた「八幡浜防空監視哨」(八幡浜市)の資料が物語る戦争の記録と記憶を、県埋蔵文化財センター元係長、多田仁(じん)さん(53)=3月末で退職、愛南町=がセンターの最新版研究紀要で伝えている。【松倉展人】

 栗野浦、舌間両地区の境、標高約178メートルの山頂にあった八幡浜防空監視哨跡を多田さんが訪ねたのは2019年4月。建物の基礎の一部、水槽のような遺構の他、内径約3メートルの円筒状の壕(ごう)に入って爆音の種類や機数を人間の耳で聞き分ける「聴音壕」跡を確認できた。隊員が飲食に使った陶磁器やガラス瓶のかけらも多数残されていた。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです