メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔べ!!V・ファーレン

帰ってきた「熱い戦い」 /長崎

相手ゴールに襲いかかるV・ファーレン長崎の選手。この直後、2点目が生まれた

 リモートマッチ(無観客試合)のスタンドには、選手を支えるはずのチャント(応援歌)も、ユニホームを着たサポーターの姿もなかった。長くサッカーをみているが、プロの試合でこんな光景を目にしたのは初めてだ。その中で、V・ファーレン長崎の選手たちは、いつものように全力で戦っていた。必死に、泥くさく、そして熱く。長崎にJリーグが帰ってきたことを、その姿が雄弁に語っていた。

 「今日はホームらしからぬ戦い方だった」。ギラヴァンツ北九州との九州ダービーに勝利した手倉森誠監督は、試合をそう振り返った。確かに、守備のリスクを最小限にしてカウンターを狙うのはV・ファーレン本来のスタイルではない。だが、4カ月のぶりの公式戦ということを考えれば、まず勝利を優先させる判断は正しい。あくまで勝利にこだわる姿勢は、目標である「何が何でもJ1昇格」(亀川諒(まさ)史(し)選手)への覚悟と…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. ORICON NEWS 石橋貴明、帝京高校9年ぶり優勝を祝福「みんなの心には永遠に負けない魂がある!」

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです