メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

伊勢参りの道中の喜六と清八…

[PR]

 伊勢参りの道中の喜六(きろく)と清八(せいはち)、めし屋に立ち寄った。上方落語「煮売屋(にうりや)」は、2人が店のおやじにいろいろからんで、酒の注文となる。聞けばこの村には銘酒(めいしゅ)があって、「村さめ」「庭さめ」「直(じき)さめ」という▲おやじが言うには、村を出るころで酔いがさめるのが「村さめ」、庭に出るとさめるのが「庭さめ」だ。「直さめは?」と尋ねると「飲んでるそばからさめる」。「酒にぎょうさん水混ぜるんやろ?」「いえ、水ん中に酒混ぜます」▲銘酒と称しもっともらしいブランドをつけた水増し酒だが、ちゃんとランク分けをしていたのは良心的というべきか。さてこちらは落語でなく、売り手の宣伝を信用するしかない今日の車のハイオクガソリンをめぐる奇々怪々な話だ▲石油元売り各社がそれぞれ独自開発し、ブランドを冠していたはずのハイオクガソリンである。だが貯蔵タンクは他社と共同利用され、スタンドには「混合出荷」されていたのが実態という。小紙特報にあぜんとした方もおられよう▲このうちコスモ石油のスーパーマグナムはエンジンの汚れを取り除く性能を宣伝していたが、実際には汚れにくくなる添加剤しか入っていなかった。混合出荷では独自性能の意味もなく、はなから顧客の信頼など眼中になかったのか▲実質上あまり差のなかった各社ハイオクのブランドだが、これからどんなイメージを背負っていくのだろうか。ちなみに「村さめ」は水っぽい酒と上等の酒という相反する意味をもった隠語(いんご)として広まった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです