メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外田中将大が8年ぶり楽天復帰 ヤンキースから
経済観測

レバノンとシリアの共振経済=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 レバノンの通貨レバノンポンドの崩壊が6月第2週から始まった。中東秩序の大動揺の反映、かつ今後の更なる中東変容を意味しよう。

 激動の中東のなかでレバノンの首都ベイルートは長く安定を維持してきた。通貨も約20年間、1米ドル=1500レバノンポンドでくぎ付けされてきた。変化は昨年秋から生じた。昨年10月、トランプ米大統領が隣国シリアからの撤兵を発表したことをきっかけに、シリアで米軍とともにアサド政権と争ってきたクルド人部隊をトルコ軍が攻撃。クルド人部隊がアサド政権との妥協に転じた。シリア情勢急変を境にレバノンからドルの急流出が始まる。レバノン通貨のドルへのくぎ付け…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです