メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

レバノンとシリアの共振経済=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 レバノンの通貨レバノンポンドの崩壊が6月第2週から始まった。中東秩序の大動揺の反映、かつ今後の更なる中東変容を意味しよう。

 激動の中東のなかでレバノンの首都ベイルートは長く安定を維持してきた。通貨も約20年間、1米ドル=1500レバノンポンドでくぎ付けされてきた。変化は昨年秋から生じた。昨年10月、トランプ米大統領が隣国シリアからの撤兵を発表したことをきっかけに、シリアで米軍とともにアサド政権と争ってきたクルド人部隊をトルコ軍が攻撃。クルド人部隊がアサド政権との妥協に転じた。シリア情勢急変を境にレバノンからドルの急流出が始まる。レバノン通貨のドルへのくぎ付け…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 「新しい県政を、の思いにしっかりと応える」 三反園氏破り鹿児島知事選に当選の塩田氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです