メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・環境

コロナ感染防ぎ 「クールシェア」

福祉用品のショールーム内に設けられたクールシェアスポット。給茶機の利用もできるが、今夏の利用客はほとんどいないという=甲府市向町のアーク総合福祉プラザで

 冷房の利いた公共施設や飲食店などに集まって涼しさを共有し、節電や熱中症対策などにつなげる「クールシェア」。全国の自治体に取り組みが広がっていたが、今夏は新型コロナウイルスの感染予防対策との両立を迫られ、現場は試行錯誤する。

 ●今年は利用者少なく

 アークメディカル(山梨県笛吹市)は昨年から、甲府市が市内の公共施設や民間施設の協力を得て実施する「こうふクールシェア」に参加。6~9月に、市内の調剤薬局6店舗の待合スペースや併設する福祉用品のショールームを「クールシェアスポット」として開放している。利用客が薬を受け取りがてら涼んだり、水分補給をしたりして、熱中症予防に休憩してもらうことが目的で、冷房が利いた店内には無料の給茶機もある。

 同社総務部の前田啓介さんは「近隣には高齢の農家も多く、夏には熱中症になって薬局を利用する人も多い。スタッフには熱中症への対応を周知し、高齢者の汗のかき具合や顔色などを見て声かけをするようにしている」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1656文字(全文2078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 「新しい県政を、の思いにしっかりと応える」 三反園氏破り鹿児島知事選に当選の塩田氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです