メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都内の新たな感染者 過去最多の220人以上

空手・植草歩 ゾーンで動きスローに/脳科学者・茂木健一郎 重圧越えた先の「脳力」

 スポーツ人が、競技や業種、国や地域を超えてつながるオンライン対談企画「#ウェブでつながる」。来夏の東京オリンピックで空手の女子組手61キロ超級代表の植草歩(27)=JAL=と、脳科学者の茂木健一郎氏(57)が、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」で顔を合わせた。一見接点の薄いスポーツと脳科学。集中力が研ぎ澄まされ、プレーの精度が飛躍的に高まる状態「ゾーン」の謎に迫った。【構成・松本晃】

 ――植草選手は茂木さんの著書「考える脳」を読んだことがあるんですよね。

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文1890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです