メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「金閣寺が違法造成」 京都・研究者、原状回復求める

「北山大塔」の跡地とみられる金閣寺庭園での工事について記者会見する東洋一・京都市埋蔵文化財研究所研究員(右)=京都市中京区で2020年6月29日、添島香苗撮影

 金閣寺(鹿苑寺)=京都市北区=の敷地内に建てられたとされる七重塔「北山大塔(だいとう)」の跡地付近に無許可で広場や石垣を造成したのは違法として、市埋蔵文化財研究所の東(あずま)洋一研究員(64)が29日、石垣を取り除くなど原状回復命令や行政指導を求める申し出書を文化庁に郵送した。京都市内で記者会見して明らかにした。

 北山大塔は室町幕府三代将軍の足利義満が建立したとされる。2016年には同研究所が塔の一部とみられる装飾品を発見したと発表。出土場所の近くには高さ約2メートル、一辺約40メートルの正方形の盛り土があり、調査の担当者で、塔に関する複数の論文を執筆している東氏は、塔の基礎部分となる「基壇」跡の可能性があると指摘している。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 西鉄甘木線で冠水、宮の陣ー甘木間運休 運行再開のめど立たず 福岡

  3. なぜ検察は現金受け取り側を立件しないのか 河井夫妻起訴を可能にした「取引」と執念

  4. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです