メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

協力金詐欺未遂、新たに2容疑者 愛知県警逮捕

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う愛知県の休業要請協力金をだまし取ろうとした疑いでキャバクラ店経理担当者が逮捕された事件で、愛知県警捜査4課は29日、新たに名古屋市東区泉1、会社役員、伴佳典容疑者(39)ら2人を詐欺未遂容疑で逮捕した。

 同課によると、伴容疑者は、名古屋最大の歓楽街「錦三」を中心に…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです