野党「投票率10%アップを」108万人めざし署名運動 無党派取り込み狙う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=本社ヘリから佐々木順一撮影
国会議事堂=本社ヘリから佐々木順一撮影

 立憲民主、国民民主、共産、社民など野党の有志議員が、国政選挙の投票率向上を呼びかける署名運動を始めている。野党共闘に奔走する当選14回の中村喜四郎元建設相(無所属)が仕掛け人で、次期衆院選に向けて無党派層の取り込みを狙う。街頭などで、2019年の自民党の党員数を上回る「108万人」の署名を目指す。

 署名運動は「投票率10%アップを目指す108万人国民運動」と名付け、6月29日から始めた。中村氏が事務総長、立憲の枝野幸男代表が本部長、共産の志位和夫委…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

注目の特集