メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナが地域経済に与える影響を可視化 決済、POSデータなど集計 政府が特設サイト

首相官邸=本社ヘリから

 政府は30日、新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響を可視化した地域経済分析システム「V―RESAS」(ブイリーサス)の特設ウェブサイトを開設した。飲食店のホームページ(HP)の閲覧状況や、スーパーマーケットでの消費支出などのビッグデータを都道府県や地域ブロック単位で数値化。自治体の政策立案や商工団体による中小企業支援などに役立ててもらう。

 V―RESASは、実名制グルメサービス「Retty」やクレジットカード大手「JCB」などからデータの提供を受け、人の流れ▽飲食店のHPの閲覧状況▽クレジットカードなどの決済データ▽スーパーなどのPOSレジの集計に基づく品目別売上高――の四つのデータをグラフや地図に表示。新型コロナの感染拡大前の前年同週と比べた数値を地域や業種を絞って閲覧でき、データは1週間おきに更新される。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです