メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホ大容量プラン、日本が最高額 世界6都市比較 菅氏「大幅に引き下げ余地」

スマートフォン(イメージ)=iStock

 総務省は30日、スマートフォンの料金プランを世界の主要6都市で比較した調査結果を公表した。データ容量が20ギガバイトの大容量プランでは、東京が8175円で最も高額だった。2ギガバイトと5ギガバイトはそれぞれ米ニューヨークに次いで2番目に高かった。

 調査は英ロンドン、独デュッセルドルフ、仏パリ、韓国ソウルを含む6都市で実施。今年3月時点で最もシェアの高い事業者のプランを比較し、東京はNTTドコモを対象とした。

 菅義偉官房長官は30日の記者会見でこの調査結果を踏まえ、国内通信各社の利用料金には「大幅な引き下げの余地がある」と述べた。これまでも菅氏が旗振り役となり、関連法改正などで料金引き下げを促してきたが、さらなる取り組みに意欲を示した。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです