メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホ大容量プラン、日本が最高額 世界6都市比較 菅氏「大幅に引き下げ余地」

スマートフォン(イメージ)=iStock

 総務省は30日、スマートフォンの料金プランを世界の主要6都市で比較した調査結果を公表した。データ容量が20ギガバイトの大容量プランでは、東京が8175円で最も高額だった。2ギガバイトと5ギガバイトはそれぞれ米ニューヨークに次いで2番目に高かった。

 調査は英ロンドン、独デュッセルドルフ、仏パリ、韓国ソウルを含む6都市で実施。今年3月時点で最もシェアの高い事業者のプランを比較し、東京はNTTドコモを対象とした。

 菅義偉官房長官は30日の記者会見でこの調査結果を踏まえ、国内通信各社の利用料金には「大幅な引き下げの余地がある」と述べた。これまでも菅氏が旗振り役となり、関連法改正などで料金引き下げを促してきたが、さらなる取り組みに意欲を示した。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです