メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WHO、ウイルスの起源調査団を中国へ 感染拡大防止に役立つと期待

 世界保健機関(WHO)本部=スイス・ジュネーブ(ロイター=共同)

[PR]

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は29日の記者会見で、新型コロナウイルスの起源を突き止めるための調査団を来週、中国に派遣すると明らかにした。「どのように(人への感染が)始まったのか知ることができれば、今後どう備えればいいか知ることができる」と述べ、起源解明は感染拡大防止にも役立つと期待した。

 ウイルスはコウモリから、タケネズミやアナグマ、ヘビなどの食用動物を媒介して感染した可能性が指摘されている。一方、中国やWHOの対応を批判するトランプ米大統領は、ウイルスが中国湖北省武漢市の研究所から流出したとの説に自信があると主張してきた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです