メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露が米兵殺害の武装勢力に報奨金か 米紙報道 トランプ氏は「情報に疑問」

ドナルド・トランプ米大統領=西田進一郎撮影

 ロシアがアフガニスタンで米兵を殺害した武装勢力に報奨金を出していると複数の米メディアが報じた。6月26日に最初に報じたニューヨーク・タイムズ紙によると、米情報機関がそう結論づけたのは数カ月前で、トランプ大統領にも報告が上がったという。トランプ氏は28日夜になり「たった今報告を受けた。信用できない情報なので私には報告しなかったと説明された」とツイッターに投稿し、それまで報告はなかったことを明らかにしたうえで、情報の信頼性にも疑問があるとの考えを示した。

 ホワイトハウスのマケナニー報道官は29日の記者会見で「この件に関しては情報機関の中に異論があり、意見の一致はみられていない」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです