香港「1国2制度」崩壊へ おびえる市民、広がる自己規制 全人代常務委「国家安全維持法」可決

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ショッピングモールに集まって香港国家安全維持法に抗議する人々=香港・中環で2020年6月30日、AP
ショッピングモールに集まって香港国家安全維持法に抗議する人々=香港・中環で2020年6月30日、AP

 香港での反体制活動などを直接取り締まることを可能にする「香港国家安全維持法」(国安法)が6月30日、北京で開かれていた全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会で可決、成立した。約2000キロ離れた香港ではこの日も抗議デモがあったが、中国の圧力に不安を感じる人もおり、市民の間には自己規制のムードが広がる。香港の自由や繁栄を支えた「1国2制度」の崩壊は、既に始まっている。

この記事は有料記事です。

残り3387文字(全文3574文字)

あわせて読みたい

ニュース特集