メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港「1国2制度」崩壊へ おびえる市民、広がる自己規制 全人代常務委「国家安全維持法」可決

ショッピングモールに集まって香港国家安全維持法に抗議する人々=香港・中環で2020年6月30日、AP

 香港での反体制活動などを直接取り締まることを可能にする「香港国家安全維持法」(国安法)が6月30日、北京で開かれていた全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会で可決、成立した。約2000キロ離れた香港ではこの日も抗議デモがあったが、中国の圧力に不安を感じる人もおり、市民の間には自己規制のムードが広がる。香港の自由や繁栄を支えた「1国2制度」の崩壊は、既に始まっている。

 「今こそ革命の時だ」。30日、香港中心部の金融街セントラル(中環)には大勢の市民が集まり「国安法に反対」などと叫んで抗議活動を繰り広げた。集会に参加した女性(38)は悲壮な表情で「絶対に最後まで抵抗する」と訴えた。だが、警官隊が姿を見せると女性は逃げ、数人が拘束された。

この記事は有料記事です。

残り3251文字(全文3574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです