メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギー国王 植民地支配に初の「遺憾」表明 コンゴ民主共和国大統領に書簡

ベルギーのフィリップ国王(中央)=2020年6月28日、ロイター

 ベルギーのフィリップ国王(60)は30日、アフリカ中部のコンゴ民主共和国の植民地支配を巡り、王室として初めて「深い遺憾」を表明した。同日、ベルギーから独立して60年を迎えたコンゴのチセケディ大統領に宛てた書簡で伝えた。

 ベルギーは元国王レオポルド2世が1885年にコンゴを「私領地」とした。現地の人々はゴムなどの資源採取のため、劣悪な環境で搾取された。ノルマを満たさない労働者の手首を切断する残虐行為もあり、この間に伝染病なども含む死者数は数百万人に達したとされる。国際社会の…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです