メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特派員レポート

「香港を取り戻せ」市民抗議も…香港国家安全維持法案可決

[PR]

「革命」を掲げて、国家安全維持法の可決に抗議の意思を示す市民=香港・中環で2020年6月30日午後1時29分、福岡静哉撮影

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は6月30日、香港への統制を強化する「香港国家安全維持法」(国安法)案を可決した。香港中心部ではその直後、大勢の市民が抗議活動を展開した。「国安法に反対」と記した紙を手に「香港を取り戻せ」「今こそ革命の時だ」などと叫んだ。中には「香港独立」と記した旗を掲げた人もいた。警官隊がすぐに駆けつけ、数人を拘束した。

 香港ではこれまでデモや集会の自由が保障されてきた。だが国安法が施行されれば、中国共産党を批判したり、香港独立を主張したりした市民は逮捕される可能性がある。逮捕された場合は中国の裁判所で裁かれる可能性があり、抗議活動に参加する人は以前より少なくなっている。【香港・福岡静哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです