メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正道交法施行 あおり抑止に期待 同乗者も摘発対象に

渋滞する国道50号(あおり運転とは関係ありません)=前橋市朝日町で(画像の一部を処理しています)

 「あおり運転罪」を新設した改正道路交通法が30日、施行される。自動車、バイク、自転車の運転のほか、ドライバーをそそのかしたり手助けしたりした同乗者も摘発・行政処分の対象となる。群馬県警は厳罰化による悪質な運転の抑止効果に期待を寄せている。【菊池陽南子】

 同県内では、2018年5月に上信越道でトラック同士が衝突した事故で、あおり行為をした大型トラックの男性運転手が危険運転致傷罪で懲役1年6月、執行猶予4年の判決を受けている。県警交通企画課は「厳罰化が違反行為の抑止になるのではないか」と話す。

 改正法施行で取り締まりの対象となる違反行為は、幅寄せや割り込みのほか、不必要な急ブレーキや車間距離不保持などの10項目。県警によると、19年の検挙件数(妨害目的ではない事案を含む)は、車間距離不保持858件、通行区分違反140件、追い越し違反53件、進路変更禁止違反25件――だった。

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 全国で新たに1569人の感染確認 神奈川、埼玉で最多更新 死者1増1057人

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです