歩きスマホ禁止条例 視覚障害者ら「大歓迎」 神奈川・大和市で7月1日施行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
神奈川県視覚障害者福祉協会理事長の鈴木孝幸さん=同県座間市で、木下翔太郎撮影
神奈川県視覚障害者福祉協会理事長の鈴木孝幸さん=同県座間市で、木下翔太郎撮影

 道路や公園で歩きながらスマートフォンや携帯電話を操作する「歩きスマホ」を禁じる全国初の条例が神奈川県大和市議会で成立し、7月1日に施行される。他の歩行者や車と衝突したり、階段から転落したりする事故を防ぐのが狙い。違反者に対する罰則は設けていないため、実効性は未知数だが、視覚障害者などからは歓迎の声が上がる。【木下翔太郎】

 「条例は大歓迎だ。条例が他の自治体に広がってほしい」。視覚障害がある県視覚障害者福祉協会理事長の鈴木孝幸さん(63)は、条例がきっかけで歩きスマホ禁止の動きが広がることに期待を寄せる。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1239文字)

あわせて読みたい

注目の特集