メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石巻で11年に発見の遺体、津波で不明の99歳女性と判明 震災から9年、DNA型などで

身元が特定された阿部きうさん(宮城県警提供)

[PR]

 宮城県警捜査1課は29日、2011年5月に石巻市で見つかった遺体の身元が、東日本大震災の津波で行方不明になっていた同市南浜町の無職、阿部きうさん(当時99歳)と判明したと発表した。

 同課によると、遺体は自宅から約13キロ離れた同市竹浜の入り江で漁師が発見した。損傷が激しく身元の特定が難航したが、発見場所から住んでいた場所を推定し、女系親族に受け継がれるミトコンドリアDNAの鑑定で複数の親族と遺伝子情報が一致。骨格から再現した似顔絵などが決め手になったという。

 阿部さんは当時1人暮らしだった。身元の特定を受け、おいの管野一之さん(79)は、「9年という長い年月がたった今でも捜し続けてくださったことに感謝申し上げます。叔母を供養できることを大変うれしく思います」と話したという。

 市は7月2日に遺体を管野さんに引き渡す予定。県内で見つかった震災による身元不明遺体はなお7体あり、県警は引き続き情報提供を呼びかけている。【面川美栄】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです