メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊戦、第4局始まる 「あと1勝」の文裕が先番 芝野巻き返すか

第75期本因坊決定戦七番勝負第4局で第1着を打つ本因坊文裕(右)。左は挑戦者の芝野虎丸名人。奥右は立会の武宮正樹九段=静岡県河津町の今井荘で2020年6月30日午前9時、手塚耕一郎撮影

 本因坊文裕(もんゆう)(31)=井山裕太九段=に芝野虎丸名人(20)が挑戦する第75期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第4局が30日午前9時、静岡県河津町の今井荘で始まった。先番の文裕は右上隅小目に打ち下ろし、芝野は2手目を左下隅星に打った。文裕が3連勝して歴代2位タイとなる9連覇まであと1勝に迫っており、芝野が巻き返しを見せるかが注目される。

 1934年創業の今井荘は伊豆七島を一望する温泉旅館。将棋や囲碁のタイトル戦の舞台になってきたが、本因坊戦開催は初めて。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 東海道線、横須賀線、事故で一時運転見合わせ JR東日本

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです