メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共通テスト「第2日程」の受験資格は「今年度末に卒業見込みの者」 萩生田文科相

萩生田光一文部科学相=川田雅浩撮影

[PR]

 萩生田光一文部科学相は30日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスによる学習の遅れに対応するために設けられる大学入学共通テストの第2日程の受験資格について、「高校を今年度末に卒業見込みの者のうち、学業の遅れのため第2日程で受験することが適当であると校長が認めたものとする」と明らかにした。

 文科省は必要な試験会場を確保するため、高校に意向調査をして第2日程の受験者数を把握する。

 大学入学共通テストは、大学入試センター試験に代わって今年度から始まる。新型コロナによって高校3年生の学習進度に差が出ていることを受け、当初予定していた1月16、17日を第1日程とし、2週間後の同30、31日に第2日程を設ける。【大久保昂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです