メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「今年は脂が乗っておいしい」 三重・尾鷲港でカツオの水揚げ最盛期

次々と水揚げされるカツオ=尾鷲港で6月29日、下村恵美撮影

[PR]

 尾鷲港(三重県尾鷲市)でカツオの水揚げが最盛期を迎え、港が活気づいている。漁船から次々とカツオが水揚げされると、漁協職員が手際よく重さを量り、仲買人が品定めをしていた。

 29日は紀北町島勝浦のカツオ一本釣り漁船「第2弘谷丸」が3トンを水揚げした。午前5時に港を出航。南に約50キロ航行した海域で漁を行い、戻った。船長の谷口令一さん(47)は「今年は1匹あたり5キロ以上あるカツオがとれる。脂が乗っておいしい」と話していた。

 三重外湾漁協尾鷲事業所によると、同港でのカツオの水揚げは4月、5月共に10トン前後だったが、6月は約41トンの見込み。豊漁だった2019年に比べると3割ほど少ないが、ほぼ例年並みという。【下村恵美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです