メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受精卵が成体になる課程で重要なたんぱく質 近大グループ確認

近畿大学の看板=2019年5月3日、曽根田和久撮影

[PR]

 近畿大の宮本圭准教授(遺伝子工学)らの研究グループは、受精卵の核である「前核」の中に、たんぱく質「アクチン」が連なった特殊な構造の「重合化アクチン」が作られていることを発見した。この特殊な構造は他の細胞には存在せず、核の形態維持やDNAの傷を修復するなど、受精卵が成体(動物)になるために重要な役割を果たしているという。米科学誌セルリポーツに7月1日、論文が掲載された。

 受精卵は、体内のどの細胞にもなれる「全能性」を持つ。研究グループは、全能性の背景を調べるため、精子と卵子が受精して形成される前核に着目。マウスの受精卵の前核内で、アクチンが立体的に連なった重合化アクチンを形成し、核の形を保つように機能していることがわかった。

 また、重合化アクチンをバラバラにすると、受精卵が成体になる確率が下がり、前核の大きさも小さくなった。DNAの損傷も増えたことから、重合化アクチンがDNAの修復を促し、前核の形成に重要な役割を果たすと結論づけた。

 宮本准教授は「不妊治療や動物の繁殖技術の開発につなげたい」としている。【近藤諭】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです