メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共通テスト 第2日程は現役限定 出願期間は9月28日~10月8日 実施要項発表

東京大学で行われた最後の大学入試センター試験=東京都文京区で2020年1月18日午前9時11分、北山夏帆撮影

[PR]

 大学入試センターは30日、大学入試センター試験に代わって来年1月に初めて実施する大学入学共通テストの実施要項を発表した。新型コロナウイルスによる学習の遅れへの対応として設けられる第2日程(1月30、31日)については、受験資格を現役生に限定し、在籍する高校の校長が学習遅れの実情に応じて受験を認めるかどうかを判断することになった。

 出願期間は9月28日~10月8日とし、現役生は出願時に第1日程(1月16、17日)か第2日程を選択する。第2日程は第1日程の出願者が病気などのやむを得ない事情で受けられなかった場合の追試の機会も兼ねており、各都道府県に少なくとも1カ所は会場を設ける。文部科学省は第2日程に必要な会場の規模や数を把握するため、全国のすべての高校を対象に日程選択の意向を調査する。

 第2日程をやむを得ない理由で受けられなかった人を対象とする特例追試(2月13、14日)では、2013~15年度に作成された大学入試センター試験の予備問題を使用する。共通テストの予備問題を用意していなかったためだが、両テストの出題コンセプトは異なり、科目によっては試験時間にも違いがあるため成績の比較が難しくなる。大学入試センターの担当者は「特例追試の成績をどう扱うかについては、各大学で判断してもらいたい」と話している。

 第2日程が設けられた影響で、私立大への成績提供は当初予定より6日遅れの2月8日以降となる。【大久保昂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです