メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「手術は実子持つかの自由侵害」認定も 「除斥期間経過」で賠償請求棄却 旧優生保護法・東京訴訟

東京地裁の判決後、「不当判決」と書かれた垂れ幕を掲げる原告の弁護士ら=東京都千代田区で2020年6月30日午後2時12分、宮間俊樹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、東京都の北三郎さん(77)=活動名=が国に3000万円の国家賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、請求を棄却した。伊藤正晴裁判長は、不法行為から20年で賠償請求権が消滅する「除斥期間」が経過したとして、請求権は消滅したと判断した。旧法が違憲かどうかの判断は示さなかった。

 北さんは57年に旧法に基づく不妊手術を受けさせられた。訴訟では、60年以上前の不法行為を理由に、国に賠償請求できるかが争われた。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです