沖縄県議会 議長選で与党主要会派推薦候補敗れる 玉城知事の県政運営難航も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県議会議長に選出された赤嶺昇氏=那覇市で2020年6月30日午前11時48分、遠藤孝康撮影
沖縄県議会議長に選出された赤嶺昇氏=那覇市で2020年6月30日午前11時48分、遠藤孝康撮影

 沖縄県議選(6月7日投開票)後、初めてとなる県議会が30日、開会した。本会議で議長選挙があり、玉城(たまき)デニー知事を支える与党の主要3会派が推した議員が敗れる波乱があった。議長には与党の残る1会派「おきなわ」の赤嶺昇氏(53)が選出されたが、野党の自民、公明と中立会派からも推されたとみられる。与党の結束の乱れが露呈した形で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対する玉城知事の県政運営は難航も予想される。

 県議会は定数48。6月の県議選の結果、知事与党は改選前から1減の25議席となり、かろうじて過半数を維持した。改選後の会派別の内訳は、与党が▽社民や地域政党・沖縄社会大衆などで構成する「沖縄・平和」8人▽共産7人▽立憲民主や無所属議員でつくる「てぃーだネット」7人▽「おきなわ」3人――。一方、野党は自民が県議選後に入会した2人を含め19人、公明が2人の計21人で、中立会派「無所属の会」が2人となっ…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文992文字)

あわせて読みたい

注目の特集