国の制裁「違法」 泉佐野市「節度欠く」 最高裁、双方に注文 ふるさと納税訴訟

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
最高裁に入る大阪府泉佐野市の松下義彦副市長(中央)ら=東京都千代田区で2020年6月30日午後2時8分(代表撮影)
最高裁に入る大阪府泉佐野市の松下義彦副市長(中央)ら=東京都千代田区で2020年6月30日午後2時8分(代表撮影)

 ふるさと納税の新制度を巡り、大阪府泉佐野市の逆転勝訴とした30日の最高裁判決は、過去の実績にさかのぼった審査で市を制度から除外した国の対応を違法と断じた一方、多額の寄付金集めをエスカレートさせた泉佐野市の手法についても「社会通念上の節度を欠いた」とくぎを刺した。双方が問われるものとは――。

◇制度設計、自治体「性善説」に依存 矛盾浮き彫りに

 訴訟は、泉佐野市による多額の寄付金集めと、それに対する国の制裁の応酬の果てに起こされた。

この記事は有料記事です。

残り2644文字(全文2860文字)

あわせて読みたい

注目の特集