メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税復帰に意欲 逆転勝訴の泉佐野市長「全面勝訴」に笑み

最高裁判決を受け、記者会見する大阪府泉佐野市の千代松大耕市長=同市役所で2020年6月30日午後4時28分、久保玲撮影

 「地方自治にとって新たな一歩につながる」――。ふるさと納税制度から除外された大阪府泉佐野市と国の訴訟は30日、最高裁判決で市の逆転勝訴が確定した。返礼品にアマゾンのギフト券を上乗せするなど、奇抜な手法で国との対立を深めてきた千代松大耕(ひろやす)市長。判決をそう評価する一方、強引と指摘される手法については反省の言葉も述べた。

 午後4時過ぎ、千代松市長は市役所の記者会見室にやや緊張した面持ちで入った。深呼吸の後、「市の主張を全面的に認めてもらい、ほっとした。一日も早く制度に復帰したい」とはっきりとした口調で述べると、顔をほころばせた。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです