メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘中弁護士が読売新聞提訴 ゴーン前会長逃亡巡る記事

東京地検が事務所に家宅捜索に入ったことを受け、報道陣の取材に応じる弘中惇一郎弁護士(中央)=東京都千代田区で2020年1月29日午後4時37分、小川昌宏撮影

 金融商品取引法違反などに問われた日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告の弁護人だった弘中惇一郎弁護士は30日、被告の逃亡を黙認したとする記事で名誉を傷つけられたとして、読売新聞東京本社と同大阪本社に慰謝料など計1320万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。

 訴状によると、今年1月31日付の読売新聞朝刊は、「弘中事務所で『謀議』か」との見出し…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです