メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球の外国人選手 登録枠拡大、その活用策は?

DeNAに新加入したオースティン。現在、打率4割4分4厘、2本塁打と好調で、ソト、ロペスとともに強力打線を形成している=横浜スタジアムで2020年6月27日午後2時43分、細谷拓海撮影

 新型コロナウイルスの影響で約3カ月遅れで開幕した今季のプロ野球は、例年よりも過密日程となり、選手の負担軽減のために特例が設けられている。外国人選手の出場登録枠拡大もその一つで、1人増の5人となった。ただ、試合でベンチ入りできる人数は4人のままで、5人を登録しても1人は出場できない。各球団は休養日を設けたり、新たに外国人選手を補強したりと、特例をフルに生かした戦い方を模索している。

 強みを前面に出しているのはDeNAだ。昨季、外国人選手…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです