メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「みんなは笑って」 “笑わない男”ラグビー・稲垣選手がポスターに 埼玉・熊谷

熊谷商工会議所などが稲垣啓太選手らを起用して作製したポスター=埼玉県熊谷市役所で29日、中山信撮影

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けている商店などを応援し、市民にも元気を取り戻してもらおうと、埼玉県の熊谷商工会議所とくまがや市商工会、熊谷市商店街連合会は、2019年秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で活躍したパナソニック・ワイルドナイツ所属のFW稲垣啓太選手(30)らを起用したポスターを作製した。2種類計3300枚を市内の商店などに張り出す。

 稲垣選手のポスターは、「笑わない男」として人気者になった稲垣選手が笑わない表情のまま、「熊谷のみんなには笑っていて欲しい」というメッセージを発信している。21年、熊谷市に本拠地を移転する予定のワイルドナイツと稲垣選手が協力して実現した。

 作製費用の一部を補助した熊谷市の担当者は「みんなでコロナ禍を乗り越えようという熱いメッセージを市民に発信するとともに、ワイルドナイツと市民が一体となったラグビータウン熊谷の姿を全国に発信したい」と話している。【中山信】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです